コラーゲン

コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen)は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられている。

 

コラーゲン
コラーゲンドリンク
ローヤルゼリー
置換えダイエット
JALパックハワイ

アミノ酸

アミノ酸(アミノさん、英: Amino acid)とは、広義には(特に化学の分野では)、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。分子生物学など、生体分子をあつかう生命科学分野においては、遺伝暗号表に含まれるプロリン(イミノ酸に分類される)を、便宜上アミノ酸に含めることが多い。

 

動物が体内で合成できないアミノ酸を、その種にとっての必須アミノ酸と呼ぶ。必須アミノ酸は動物種によって異なる。

 

栄養素としてはもとより重要であるが、近年はアミノ酸を含有する補助食品が消費者に一種の健康ブームを引き起こしており、健康食品、飲料メーカーなどが盛んに新製品を出している。しかし、そのアミノ酸の成分のバランスが人間に必要な量通りに研究され、配合されているかは不明確である。

 

プラセンタ100
プロアクティブ
ダイエット食品
<

ビタミンC

ビタミンC (Vitamin C、VC) は、水溶性ビタミンの1種。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている。化学的にはアスコルビン酸のL体のみをさす。

 

ヒトはアスコルビン酸を体内で合成できないため、必要量をすべて食事などによって外部から摂取する必要があり、ビタミンとして扱われている。一方、多くの動物にとっては、アスコルビン酸は生体内で生合成できる物質であるため、必ずしも外界から摂取する必要は無い。体内でアスコルビン酸を合成できないのは、ヒトを含む霊長類の一部やモルモットなどだけである。

 

グルコサミン
グルコサミン
コンドロイチン
コンドロイチン

サプリメント

サプリメントとは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つであるダイエタリー・サプリメント (dietary supplement) の訳語で、狭義には、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品である。ほかにも生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプリメントがある。広義には、人体に与えられる物質という意味で食品以外にも用いられる。 栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)、健康補助食品(けんこうほじょしょくひん)とも呼ばれる。略称はサプリである。

 

無添加化粧品
ファンケル
オラクル化粧品
ラサーナ
乳酸菌サプリ
オールインワン化粧品

つかってみんしゃいよか石けん

[医薬部外品]つかってみんしゃいよか石けんが
すこやかな素肌へ導いていく。

 

「[医薬部外品]よか石けん」は、有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合し、その他にも緑茶エキス、ウーロン茶エキスを配合。グリチルリチン酸ジカリウムの働きで、すこやかな肌へと導きます。

 

微細化した火山灰シラスで汚れしっかりと吸着!

 

吸着性に優れた火山灰シラスを超微細化したことにより、毛穴汚れへの接触面積が増え、従来品以上にしっかりと汚れを吸着します。

 

よか石けん
つかってみんしゃいよか石けんクチコミ

ミネラル

栄養学においてミネラル(mineral)は、一般的な有機物に含まれる元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素のことを指す。無機質ともいう。糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並び五大栄養素の一つとして数えられる。

 

動物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。また、欠乏症だけでなく過剰症も起こしうるので、ただ「多めに摂ればよい」というものではない。

 

なお、日本においては厚生労働省によって 12 成分(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リン)が示されており[1]、食品の栄養表示基準となっている[2]。

 

にんにく卵黄
美容と健康
黒酢
香醋

酵素

酵素(こうそ)とは、生体でおこる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。

 

酵素は生物が物質を消化する段階から吸収・輸送・代謝・排泄に至るまでのあらゆる過程に関与しており、生体が物質を変化させて利用するのに欠かせない。このため、酵素は生化学研究における一大分野であり、早い段階から研究対象になっている。

 

多くの酵素は生体内で作り出されるタンパク質をもとにして構成されている。そのため、生体内での生成や分布の特性、あるいは熱やpHにより変性し活性を失う(失活)といった特性などは、他のタンパク質と同様である。

 

生体を機関に例えるならば、核酸塩基配列が表すゲノムが設計図に相当するのに対して、生体内における酵素は組み立て工具に相当する。酵素の特徴である作用する物質(基質)をえり好みする性質(基質特異性)と目的の反応だけを進行させる性質(反応選択性)などによって、生命維持に必要なさまざまな化学変化を起こさせるのである。

 

また、人類は古来より発酵という形で酵素を利用してきた。そして今日では、酵素の利用は食品製造だけにとどまらず、化学工業製品の製造や日用品の機能向上など広い分野に応用されている。医療においても、酵素量を検査して診断したり、酵素作用を調節する治療薬を用いるなど、酵素が深く関っている。

 

スカルプD激安
育毛剤 比較
酵素
なたまめ茶

タンパク質

タンパク質(蛋白質、たんぱくしつ、protein)とは、L-アミノ酸が多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。学術用語としては「タンパク質」と表記する。

 

連結したアミノ酸の個数が少ない場合にはペプチドもしくはポリペプチドと呼ばれることが多いが、名称の使い分けを決める明確なアミノ酸の個数が決まっているわけではないようである。

 

なお「蛋白質」の「蛋」とは卵のことを指し、卵白(蛋白)がタンパク質を主成分とすることによる。栄養学者の川島四郎が「蛋白質」では分かりにくいとして「卵白質」という語を使用したが、一般的に利用されるにはいたらなかった。

 

青汁 比較
青汁ランキング
やずや青汁
やずや香醋

関節炎

関節炎(かんせつえん、英: Arthritis)は、関節の炎症をともなう疾病の総称。症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠感、体重減少などが知られている。関節炎と関節周囲炎の区別としては関節炎は他動的に動かしても関節痛が認められ、どの方向に動かしても痛みがあることが特徴とされている。運動時痛とは関節障害を疑う徴候であるが、腱鞘炎の場合、自分で動かすと痛いが他動的に動かすと痛みを感じないとされている。

 

ひざの痛み
関節の痛み

まつ毛美容液

まつ毛美容液は、まつ毛を伸ばす育毛剤の役割を果たします。まつ毛を伸ばすことで、目の印象を強くし、目ヂカラアップにつながります。まつ毛美容液の育毛成分が毛穴に浸透し、まつ毛に栄養を送ります。そうすることで、太く、長く成長を促します。ラッシュケアエッセンス、ラッシュセラム、アイラッシュコンディショナー、リルジュアイラッシュエッセンスなどが人気です。

 

低カロリーダイエットおすすめ
ローカロ生活の低カロリーダイエットがクチコミで人気です。